ライフプランニング
ライフプランニングはソニー生命の考える。お客様の守りたい未来の生活・ライフプランを見える化することです。
ライフプランニングを通じてあなたのかけがえのない人生に伴走していきます。



「どの資金が」、「いつ」、「いくら」必要なのかは人それぞれです。家族構成、これから見込める収入、生活スタイルなどで異なります。

まったく対処できていない項目があったとしても、慌てないでください。無理なペースで貯金をしたり、過剰な内容の保険に加入するのではなく、今後の収支を冷静に見極め、無理のない備えをすることが大切です。

では、どうすれば見極められるのでしょうか?それを効率的に整理し、見える化できる方法が「ライフプランニング」です。
しかし、ライフプランは年月と共に変化するものです。定期的(4~5年位)に一度は、ライフプランの確認、見直しをお勧めしています。
疑問やご不安な事がありましたら、伊豆田までお声掛けください。すぐにお伺いいたします。
人生に必要な11の資金
これから必要になるであろう、さまざまなお金。漠然と不安を感じるものの、実態がよくわからないという方も多いのではないでしょうか?
そこで、まずは全体像を把握しましょう。人生に必要な「11の資金」をご紹介します。
通常の生活で必要な資金
子供の教育資金
幼稚園~大学(文系)まで
全て国公立 平均:1,059.9万円/人
全て私立 平均:2,536.4万円/人
※すべて自宅から通学した場合
住宅購入資金
平均住宅購入価格(フラット35利用者)
建売住宅:3,337.8万円
家賃・住宅ローン
家賃や駐車場代など住まいに関わる費用や自動車ローンなど。
子供の結婚資金
親・親族からの援助費用総額
平均:189.4万円
※新郎新婦両家からの援助総額
老後の生活資金
平均:22.0万円/夫婦2人
ゆとりある老後のために必要と思われる日常生活費
平均:34.9万円/夫婦2人
緊急時に必要な資金
緊急予備資金
生活の中で突発的に必要となる資金。
現在の生活費の約3ヵ月分が目安
長期療養資金
長期の入院や療養・介護など。
傷病手当金は支給開始から1年6ヵ月分で終了
※国民健康保険には原則傷病手当金の支給なし
万一の場合に必要な資金
遺族の生活資金
死後の整理資金
葬儀や墓地の購入資金など。
お墓購入費用/全国※:平均約170.4万円
葬儀費用/全国:平均約195.7万円
※墓地取得費用が含まれる地域もあります。
生活建て直し資金
生活建て直し資金イメージ
全現在の生活費の約6ヵ月分が目安
相続対策資金
遺産にかかる基礎控除額
3,000万円+600万円×法定相続人の数
※平成30年7月現在の税制に基づき作成。詳しくは税理士または所轄の税務署にご確認ください。
実際にどうやって将来をプランニングしているのか

STEP1 ライフイベントの洗い出し
まず、家族構成やイベント、実現したい夢をあげて、時系列で整理します。
いつまで働きたい(働ける)か、リフォームや旅行のプラン、お子さまが独立するタイミング、親の介護リスクが高まる時期などを、ライフプランナーと一緒に整理します。

STEP2 収支のシミュレーション
やりたいこと、やるべきことが整理できたら、将来の収支をシミュレーションします。
ご自身の描くライフプランを実現するには、どのくらいのお金が必要になるのか「見える化」します。具体的には、ソニー生命のライフプランニング・サポートサービス[LiPSS]を使って、グラフを作ります。
生活費、お子さまの教育費、住宅にかかる費用などの「出ていくお金」と、これからの給与、支給予定の年金などの「入ってくるお金」が、時間の経過とあわせて整理され、明確になります。

STEP3 収支プランの改善
最初のシミュレーションの結果は、必ずしも良い結果にならないかもしれません。でも、ご安心ください。もしも描いた夢の実現が難しそうなときは、どうしたら夢を実現できるか、ライフプランナーがあなたと一緒に考えます。 例えば、次のような方法を検証するなど。
  • 住宅ローンの組み方の再検討
  • 生活費の見直し
  • 貯蓄の仕方の見直し
ご家族の状況やお考えも踏まえ、ひとりでは気づけない点もプロの視点でアドバイスしながら、あなたにあった改善プランを一緒に組み立てます。

STEP4 万一時のシミュレーション
そして、 万一の場合のシミュレーションも行います。あなたに不測の事態がおこってしまった場合でも、描いたライフプランを実現できるように。遺されたご家族が安心して暮らしていく上で不足する資金を明らかにしていきます。
Question
伊豆田さんは、住宅購入コンサルティングに力を入れています。その理由を教えてください。
Answer
前職で銀行員でしたので、住宅ローンの借り方、返し方等お客様の役に立つ情報提供をしたいと思っています。
マイホームの購入は大きな買い物です。後々に後悔しないようにしっかりとコンサルティングをしたいと思っています。

Question
現在、住宅ローンの金利はこれまでになく低い水準になっています。今後住宅購入を考える上で気をつけておくべきポイントは何ですか?
Answer
住宅ローン金利が現状のペースを維持した場合、消費税が上がる前までは住宅の供給が増え、不動産業界は活況を呈すると想定されます。ただその後は、人口減少や高齢者の増加がより進行するので、空き家などの住宅問題もさらに顕在化してきます。これまで以上に立地や建物の性能などにも目を向けていただきたいですね。社会情勢や税制、金利、物件の供給量だけでなく、各ご家庭のライフプランによって、住宅購入に必要な資金や住宅ローンの支払額などが変わってきます。プロの力を上手に活用して、ご家族が資金面でも安心できるマイホームを手に入れていただきたいですね。